コネクタを作成するには複数の手順があります。 最初に、Microsoft Flow でページの右上にある [設定] ボタン (歯車アイコン) をクリックまたはタップします。 次に、[Custom Connectors (カスタム コネクタ)] をクリックまたはタップします。

API コネクタの検索

API を記述する

API コネクタを記述するには、HTTP API のインターフェイスを定義するための OpenAPI 標準を使います。 既存の OpenAPI ファイルを使って作成を始めることも、OpenAPI ファイルを自動的に生成する Postman Collection をインポートすることもできます。

API の定義の図

いずれかの API 記述で始めた場合、ウィザードのメタデータ フィールドは自動的に設定されます。 これらはいつでも編集できます。

セキュリティを構築する

サービスでサポートされる認証の種類を選択し、追加の詳細を指定して、サービスとクライアントの間を ID が適切に流れるようにします。

セキュリティの図

コネクタのセキュリティについて詳しくはこちらをご覧ください。

トリガーとアクションを作成する

  1. コネクタのトリガーとアクションを作成するには、[定義] タブに切り替えます。

    定義の図

  2. ウィザードでは、新しい操作を追加したり、既存の操作のスキーマや応答を編集したりできます。 各操作の [全般] プロパティでは、コネクタのエンド ユーザー エクスペリエンスを制御できます。 各操作の種類について詳しくは、次のリンクをご覧ください。

    Microsoft Flow の高度な機能の実装については、「Microsoft Flow でのカスタム コネクタ用の OpenAPI 拡張」をご覧ください。

  3. 最後に、[Create connector (コネクタの作成)] をクリックまたはタップして、API コネクタを登録します。

ウィザードでは使用できない追加機能については、condevhelp@microsoft.com にお問い合わせください。

コネクタをテストする

提出する前に、以下の 1 つまたは複数の方法で API コネクタをテストします。

  • API コネクタのテスト ウィザードを使います。各操作を呼び出して、機能と応答スキーマを確認できます。
  • Microsoft Flow のデザイナーでは、API コネクタを使ってフローを視覚的に構築できます。 このテスト方法では、ユーザー インターフェイスの機能とコネクタの機能を確認できます。
  • PowerApps Studio では、数式バーを使って各操作を呼び出し、画面上のコントロールに応答をバインドできます。

このトピックでは概要を説明しました。詳細については、「Microsoft Flow でカスタム コネクタを登録して使用する」をご覧ください。