API コネクタは OpenAPI (Swagger) を利用した REST API のラッパーであり、基になっているサービスが Microsoft FlowPowerAppsLogic Apps とやり取りすることを可能にします。 コネクタを使用することで、ユーザーは、アカウントを接続し、あらかじめ作成されているトリガーアクションのセットを利用して、独自のアプリとワークフローを作成できます。

独立系ソフトウェア ベンダー (ISV)SaaS サービス所有者は、コネクタを作成して、広範なビジネス シナリオや生産性シナリオをユーザーに提供できます。 コネクタを使うと、統合の限定されている設定を超えて、サービスが適用、発見、使用される範囲を拡大できます。

要件

コネクタを作成して提供するには、サービスが次の要件を満たしている必要があります。

  • Microsoft Flow、PowerApps、Logic Apps にふさわしいビジネス ユーザー シナリオ
  • 安定した REST API で公開されているサービス

コネクタを作成する

API コネクタ作成の最初のステップは、完全に機能するカスタム コネクタを作成することです。 カスタム コネクタは API コネクタとまったく同じように動作しますが、使用できるのは作成者と、作成者のテナント内の特定のユーザーに制限されます。

コネクタを作成するには複数の手順があります。

API コネクタの作成手順

API コネクタを開発する方法について詳しくはこちらをご覧ください。

認定を申請する

コネクタを作成した後は、その認定を申請します。 サード パーティ認定プロセスの一環として、Microsoft は公開する前にコネクタをレビューします。

このプロセスでは、Microsoft Flow および PowerApps でのコネクタの機能が検証され、技術およびコンテンツのコンプライアンスが確認されます。

認定と公開のためにコネクタを提出するプロセスについて詳しくはこちらをご覧ください。

サポートを受ける

オンボーディングと開発のサポートについては、condevhelp@microsoft.com にメールでお問い合わせください。 このアカウントは常に監視および管理されています。 開発者の問い合わせや問題は、適切なチームに迅速に引き渡されます。