サード パーティ認定プロセスの一環として、Microsoft は公開前のコネクタをレビューします。 認定されたコネクタは、Microsoft Flow、PowerApps、Logic Apps のすべてのユーザーが使用できるようになります。 認定の手順と条件は次のとおりです。

条件

機能 詳細 必須または推奨
ビジネス向け SaaS (Software as a Service) アプリ Microsoft Flow、PowerApps、Logic Apps にふさわしいビジネス ユーザー シナリオ 必須
認証の種類 API は、OAuth2、API キー、または基本認証をサポートする必要があります。 必須
サポート 顧客が支援を受けられるサポート連絡先を提供する必要があります。 必須
可用性/アップタイム アプリのアップタイムは、99.9% 以上である必要があります。 推奨

コネクタの提出

Microsoft Flow、PowerApps、Logic Apps に対するコネクタの認定は、3 つの簡単な手順で行われます。

  1. 指名

    • 指名の送信
    • 相互機密保持契約書とパートナー契約書を受け取ります。 先に進むには、署名された契約書が必要です。
    • Microsoft はアプリが条件を満たしているかどうかをチェックします。 承認されると、オンボーディング手順と共に通知されます。
  2. レビュー

    レビュー用に指名担当者に次の情報が送られます。

    • API が記述されている OpenAPI ファイル
    • icon.png ファイル (230 ピクセルの正方形に収まる 160 ピクセル以下のロゴ、色付きの背景に白が推奨されます)
    • 16 進数で示されたブランドの色 (アイコン ファイルの色付きの背景と一致するもの)
    • 検証用のテスト アカウント
    • サポートの連絡先

    追加情報が必要な場合は、詳細を連絡します。

  3. 公開

    コネクタの機能とコンテンツを検証した後、すべての製品とリージョンに展開するためにコネクタをステージングします。

    既定では、すべてのコネクタは "Premium" として公開されます。 アプリが Azure に構築されている場合、Office 365 Enterprise プランのすべてのユーザーが使用できる "Standard" コネクタのリストに追加されるようにコネクタを申請できます。 詳しくは指名担当者にお問い合わせください。