フローをトリガーするには、bttn (Button Corporation によって作成された物理ボタン) を押します。 たとえば、以下のタスクを実行するフローをトリガーする bttn を押すことができます。

  • 位置情報を使用してヘルプデスクに問い合わせる
  • 自分のチームに電子メールを送信する
  • 予定表をブロックする
  • 供給物を並べ替える
重要:

bttn は、フローで使用する前に登録する必要があります。

ヒント:

フローを作成する前に、bttn Web サイトで名前、場所、電子メール アドレスなどのすべての bttn プロパティを構成してください。

Flic 物理ボタンを使用してフローをトリガーすることもできます。

前提条件

bttn によってトリガーされるフローを作成する

このチュートリアルでは、ヘルプデスク テンプレートを使用して、bttn を 1 回押すだけでトリガーできるフローを作成します。 フローを実行すると、サポート要求が生成されてヘルプデスクに送信されます。 サポート要求により、ヘルプが必要な部屋の位置がヘルプ デスクに提供されます。 このチュートリアルではテンプレートからこのフローを作成する方法を示しますが、フローのすべての側面を完全に制御できる空のテンプレートを使用することもできます。

これらのテンプレートのいずれかを使用すると、bttn 用のフローを簡単に作成し、Zendesk、Google、SharePoint などに接続できます。

bttn のテンプレート

ヒント: このチュートリアルの目的上、bttn には一般的なオフィス ビル内の会議室を表す名前を付けます。

bttn の設定は (bttn Web サイトからの) この例のようになります。

bttn のテンプレート

これで、bttn を登録して構成できました。フローの作成を開始しましょう。

サインインしてテンプレートを選択する

  1. Microsoft Flow にサインインします。

    サインイン

    メモ: 代わりに、AndroidiOS、または Windows Phone 用の Microsoft Flow モバイル アプリでフローを作成することもできます。

  2. 検索ボックスに「bttn」と入力し、検索アイコンを選択します。

    検索

    検索アイコンを選択した後、bttn とともに使用できるすべてのテンプレートが表示されます。

  3. Use Bttn to call technical support for meeting room (bttn を使用して会議室の技術サポートを呼び出す) テンプレートを選択します。

    サポート テンプレート

Microsoft Flow が bttn に接続することを承認する

  1. メッセージが表示されたら、bttn および Office 365 Outlook サービスにサインインします。これによって [続行] ボタンが有効になります。

    資格情報

  2. bttn サービスにサインインする際、Microsoft Flow が bttn を使用することを承認します。

    重要: Microsoft Flow が bttn を使用することを承認しないと、Microsoft Flow から bttn を表示して接続することができません。

    承認

  3. 両方のサービスにサインインした後、[続行] を選択します。

    続行

フローをトリガーする bttn を選択する

  1. [When a bttn is pressed](bttn が押されたとき) カードで、bttn ID の一覧を開き、使用する bttn を選択します。

    bttn を選択する

    フローはこの例のようになります。

    フローの概要

  2. フローに名前を付けて、[フローの作成] を選択して保存します。

    フローの保存

フローをテストして結果を確認する

  1. bttn 上のボタンを押します。

  2. フローの実行履歴を表示し、正常に実行されたことを確認します。

    実行履歴は Microsoft Flow Web サイトまたはモバイル デバイス上でチェックすることができます。

    注: 他のユーザーがサポート リクエスト電子メールで [Acknowledge](確認) を選択するまで、実行状態は running (実行中) に設定されます。

  3. サポート チームに電子メールが送信されたことを確認することもできます。

    これまでのステップに従った場合、サポート電子メールは次の例のようになります。

トラブルシューティング

  • フローがトリガーされなかった場合、Button Corporation のサイトにサインインし、ボタン アクティビティ (ボタン押し) が記録されているかどうかを確認します。
  • Microsoft Flow サイトで実行済みアクティビティをドリル ダウンし、エラー メッセージがないかどうかチェックすることもできます。

詳細情報