ボタン フローを作成すると、ボタンをタップするだけで日常的なタスクを実行することができます。 フローの実行時に使用される特定の詳細をユーザーが指定できるようにすることで、フローをカスタマイズできます。 このトピックでは、ユーザーからの入力を受け取るボタン フローを作成する手順、さらにボタン フローを実行して、ユーザー入力を指定する方法を明らかにする手順を説明します。

ボタン フローは、Microsoft Flow Web サイトまたは Microsoft Flow のモバイル アプリで作成できます。 このトピックでは、Web サイトを使用します。

前提条件

  • Microsoft Flow Web サイト用のアカウント

テンプレートを開く

  1. Microsoft Flow Web サイトにサインインし、検索ボックスに「Visual Studio」と入力し、検索アイコンをクリックまたはタップして、Visual Studio に関連するすべてのテンプレートを検索します。

  2. [Open a Priority 2 Bug in Visual Studio](Visual Studio で優先順位 2 のバグを開く) テンプレートを選択します。

  3. [このテンプレートを使用] ボタンを選択します。

    このテンプレートでは、Visual Studio Team Services (VSTS) と、プッシュ通知サービスを使用します。 これらのいずれのサービスにも接続していない場合は、サービスにサインインする必要があります。 [サインイン] ボタンは、サービスへのサインインが必要な場合にのみ表示されます。

  4. 必要なすべてのサービスにサインインした後で、[続行] ボタンを選択します。

  5. (省略可能) ポータルの上部にあるボックスに目的の名前を入力することにより、フローの名前を変更します。

ユーザー入力をカスタマイズする

  1. トリガー カードで、[編集] を選択します。

  2. カスタム入力フィールドを追加できるように、+ アイコンを選択してページを展開します。

  3. ユーザーがフローを実行する場合に利用可能にするカスタム フィールドごとに、入力のタイトル入力の説明を入力します。

    この例では、このフローを使用する任意のユーザーがバグの再現ステップを入力し、バグの重大度を評価できるように、2 つのカスタム入力フィールド [Bug repro steps](バグの再現ステップ) と [Bug severity](バグの重大度) を作成します。

バグをカスタマイズする

  1. カードのタイトル バー [新しい作業項目を作成] をタップします。

  2. VSTS 環境に適した内容を選択し、[編集] を選択します。

    たとえば、myinstance と入力して、myinstance.visualstudio.com に接続します。

  3. [詳細オプションの表示] を選択して、このカードの他のフィールドを表示します。

  4. [Bug title](バグのタイトル) トークンの前にカーソルを置き、[タイトル] テキスト フィールドに「重大度:」と入力します。

  5. カーソルがタイトル テキスト フィールドに置かれた状態で、[Bug severity](バグの重大度) トークンを選択して、「 -- 」と入力します。

  6. [説明] テキスト フィールドで、[Bug description](バグの説明) トークンの直後にカーソルを置き、Enter キーを押して新しい行を開始します。

  7. 新しい行にカーソルを置き、[Bug Repro steps](バグの再現手順) トークンを選択します。

プッシュ通知をカスタマイズする

  1. [プッシュ通知を送信] カード上のタイトル バーをタップして展開します。

  2. 動的なコンテンツのトークンの一覧で、[詳細を表示] を選択し、[リンク] テキスト フィールドに [URL] トークンを追加します。

  3. [リンク ラベル] テキスト フィールドに、[ID] トークンを追加します。

  4. メニュー上の [フローの作成] をタップして、フローを作成します。

フローを実行する

このチュートリアルでは、先ほど作成したボタンのフローを、Microsoft Flow 用のモバイル アプリを使用して実行します。 タイトル、説明、再現ステップ、重大度レベルを使用してバグを作成するために必要とされるあらゆるユーザー入力を指定します。

  1. Microsoft Flow 用のモバイル アプリでは、[ボタン] タブをタップし、[Create bug report with steps](ステップを含むバグ レポートを作成) ボタンをタップします。

  2. 報告するバグのタイトルを入力し、[次へ] をクリックします。 次に例を示します。

  3. 報告するバグの説明を入力し、[次へ] をタップします。 次に例を示します。

  4. 報告するバグを再現するためのステップを入力し、[次へ] をタップします。 次に例を示します。

  5. 報告するバグの重大度を入力し、[完了] をタップします。

    フローが実行されます。

  6. (省略可能) [アクティビティ] タブをタップして、結果を表示します。

  7. (省略可能) [新しい作業項目の作成] ステップをタップすることにより、フローの実行の詳細な結果を表示します。

次のステップ