アプリと Microsoft Flow がどのように統合するかを顧客に見てもらい、 お客様と Microsoft Flow の統合を共有し、潜在顧客を作り出す手段として、AppSource.com で体験版ソリューションが提供されるようになりました。

体験版ソリューションとは

体験版ソリューションでは、アプリケーションをインストールすることなく、実際のアプリを顧客に試してもらうことができます。 顧客は、Azure Active Directory (AAD) アカウントを使用して AppSource.com にサインインし、Web ブラウザーでアプリを実行するだけです。 体験版がないと、顧客はアプリについて書かれていることを読んだり、説明されているビデオを見たりすることしかできません。 体験版があれば、顧客はソリューションの概要やアプリの機能をよく理解できます。 また、アプリを実際に使って体験することができます。 顧客は中を見てアプリのしくみを調べることはできないので、アプリの知的財産権が保護されます。 Microsoft は潜在顧客の情報を収集してアプリの開発者と共有し、ビジネスの成長を支援します。

体験版ソリューションの構築方法

体験版ソリューション用のアプリの作成は、普通のアプリの作成方法とほぼ同じですが、ユーザーに読み取り専用ユーザーとしてのアクセス権を付与できるデータ ソースを使用する必要があります。 既に設定されているデータ ソースを使えば、問題なく試すことができます。 最終的に顧客に配布される完全なソリューションには書き込み可能なデータが含まれますが、体験版ソリューションには読み取り専用のデータで十分です。

製品へのフローの組み込み

ユーザーに読み取り専用アクセス権を付与できるデータ ソースを用意したら、Microsoft Flow をアプリケーションに組み込むことができます。 組み込みについて詳しくは、こちらをご覧ください。 アプリケーションに固有のテンプレートがよくわかるように、検索機能を使用できます。 たとえば、アプリケーションが Dynamics 365 にデータを作成する場合、データを取得する Dynamics 365 テンプレートを強調してユーザーにメールを送ることができます。

AppSource.com に体験版ソリューションを表示する方法

アプリの準備ができたら、AppSource.com で公開します。 そのための手順を始めるには、flow.microsoft.com で申し込みフォームを作成してください。 申し込むと、AppSource.com で公開するためにアプリを送信する方法が記載されたメールを受け取ります。