イベントでトリガーされた後、1 つまたは複数のタスクを自動的に実行するフローを作成します。 たとえば、指定したキーワードが含まれるツイートを誰かが送信したときにメールで通知するフローを作成するとします。 この例では、ツイートの送信がイベント、メールの送信がアクションになります。

前提条件

  • flow.microsoft.com のアカウント
  • Twitter アカウント
  • Office 365 の資格情報

フローを開始するイベントを指定する

最初に、どのようなイベントまたは*トリガー*でフローを開始するのか選択する必要があります。

  1. flow.microsoft.com で、上部のナビゲーション バーの [自分のフロー] を選択し、[一から作成] を選択します。

    左側のナビゲーション バーのフロー オプション

  2. [すべてのコネクタとトリガーを検索する] ボックスに、「Twitter」と入力するか貼り付け、[Twitter - 新しいツイートが表示されたとき] を選択します。

    Twitter イベント

  3. Twitter アカウントをまだ Microsoft Flow に関連付けていない場合は、[Sign in to Twitter (Twitter にサインイン)] を選択し、資格情報を入力します。

    Twitter にサインイン

  4. [検索文字列] ボックスに、検索するキーワードを入力します。

    Twitter キーワード

アクションの指定

  1. [新しいステップ] を選択し、[アクションの追加] を選択します。

    アクションの追加

  2. [すべてのコネクタとアクションを検索する] と表示されているボックスで、「メールの送信」と入力するか貼り付けて、[Office 365 Outlook - 電子メールの送信] を選択します。

    アクションの一覧

  3. メッセージが表示されたら、サインイン ボタンを選択し、資格情報を入力します。

  4. 表示されたフォームの [To] (宛先) ボックスに電子メール アドレスを入力するか貼り付けます。次に、表示された連絡先の一覧から名前を選択します。

    空の電子メール メッセージ

  5. [Subject] (件名) ボックスに「New tweet from: (新しいツイートの送信元:)」と入力するか貼り付け、空白を入力します。

    プレースホルダーが含まれる件名

  6. トークンの一覧で、[ツイート作成者] トークンを選択し、そのプレースホルダーを追加します。

    パラメーターの追加

  7. [本文] ボックスの中をクリックまたはタップし、[ツイート テキスト] トークンをクリックまたはタップしてそのプレースホルダーを追加します。

  8. (任意) トークン、その他のコンテンツ、またはその両方を電子メールの本文に追加します。

  9. 画面上部でフローに名前を付けて、[フローの作成] を選択します。

    [フローの作成] ボタンの選択

  10. [Done (完了)] を選択してフローの一覧を更新します。

    完了ボタンを選択

  11. 指定したキーワードが含まれるツイートを送信します。

    1 分以内に、新しいツイートについてメールで通知されます。

フローの管理

  1. flow.microsoft.com で、上部のナビゲーション バーの [自分のフロー] を選択します。

  2. フローの一覧で、次のいずれかを実行します。

    • フローを一時停止するには、[オフ] に切り替えます。

      フローの一時停止

    • フローを再開するには、[オン] に切り替えます。

      フローの再開

    • フローを編集するには、編集するフローに対応している鉛筆アイコンを選択します。

      フローの選択

    • フローを削除するには、[...] アイコンを選択し、[削除] を選択し、表示されたメッセージ ボックスで [削除] を選択します。

      削除アイコン

    • フローの実行履歴を表示するには、[マイ フロー] ページからフローを選択します。ページの [実行履歴] セクションに履歴が表示されます。

      実行履歴

    実行の一覧からフロー実行を選択して、各ステップの入力と出力を表示します。

: アカウントには最大 50 個のフローを作成できます。 既に 50 個ある場合は、1 つ削除してから、フローを作成してください。

次のステップ