ようこそ。 Microsoft Flow は、お気に入りのアプリとサービスの間のワークフローを自動化して、ファイルの同期、通知の受信、データ収集などを行うための製品です。

まずはサインアップしてください。既に Microsoft のアカウントをお持ちの場合は、タブレットやデスクトップ コンピューター、さらにはスマートフォンで直接サインインできます。

ホーム ページの確認

Microsoft Flow のホーム ページではさまざまなテンプレートが用意されているほか、Microsoft Flow のいくつかの主要な機能について説明されています。 Microsoft Flow で何ができるか、またビジネスや普段の生活にどのように役立つかを簡単に把握することができます。

Flow のホームページ

テンプレートはそれぞれ、上司から電子メールが届いたときにテキスト メッセージを送信する、Twitter の潜在顧客を Dynamics 365 に追加する、ファイルをバックアップするなど、特定の用途に応じて設計されています。 ただし、このようなテンプレートは氷山の一角にすぎません。テンプレートの目的は、必要なプロセスに合わせて正確にカスタマイズされたフローを作成できるようにすることです。

最初のフローの作成

役に立つフロー テンプレートを見つける必要があります。 ごく単純なテンプレートの 1 つに、[メールで毎日リマインダーを受け取る] があります。

Flow のテンプレート

このテンプレートを使用するのは非常に簡単です。まず [このテンプレートを使用] を選択してください。

次に、[作成] を選択して利用条件に同意します。

接続の作成

これで、フローをトリガーする条件と、そのイベントによって実行されるアクションを確認できます。 さまざまな設定を試して、フローをカスタマイズします。アクションを追加または削除することもできます。 最後に、[Create flow (フローの作成)] を選択し、フローが想定どおりに実行されることを確認します (または、単に [完了] を選択します)。

他のテンプレートを探し、このチュートリアルに従ってテンプレートからフローをさらに作成する方法を詳しく確認します。

独自のフローの作成

ここまでは、フローで何ができるかを理解し、少し操作も行いました。次は、次のデータ ソースと他の必要な情報に基づいてフローをゼロから作成します。

  • Dropbox、OneDrive、Google ドライブなどのクラウド ストレージ アカウント内の Excel ファイル
  • Google シート
  • SharePoint リスト
  • ユーザー定義エンティティが含まれる Salesforce または Microsoft Dynamics 365
  • SQL Azure テーブル
  • Microsoft Common Data Service

フローの構築

フローをゼロから作成すると、頭で考えたフロー全体がそのまま画面上で再現されます。 次のトピックで説明するさまざまな方法を使用することもできます。

モバイル アプリの使用

アプリの iPhone バージョンや Android バージョンをモバイル デバイスにダウンロードすると、次の作業を行うことができます。

ご質問、 ご意見を お寄せください

マイクロソフトでは、Microsoft Flow に関する皆様のご意見をお待ちしております。また、この Microsoft Flow が皆様のお役に立つことを心より願っております。 さらに詳しいヘルプ情報が必要な場合は、こちらの詳細なチュートリアルをご覧ください。また、コミュニティに参加して、質問したり、アイデアを交換したりすることもできます。 ご不明な点がありましたら、こちらのサポート情報をご確認ください。 また、Microsoft Flow が現在プレビュー段階であることにも注意してください。