1 つ以上のタスクを実行するフローを作成します (例: メールによるレポートの送信)。

  • 1 日、1 時間、または 1 分につき 1 回実行する
  • 指定した日付に実行する
  • 指定した日数、時間、分の経過後に実行する

定期的なフローの作成

  1. Microsoft Flow にサインインし、上部のナビゲーション バーの [マイ フロー] を選択します。

    [マイ フロー] オプション

  2. [一から作成] を選択します。

    ゼロからフローを作成

  3. [すべてのコネクタとトリガーを検索する] ボックスに、「繰り返し」と入力し、[スケジュール - 繰り返し] を選択します。

    繰り返しのトリガーを検索

  4. [Recurrence (繰り返し)] ダイアログ ボックスで、フローを実行する頻度を指定します。

    たとえば、2 週間に 1 回フローを実行するには、[間隔][2] を指定し、[頻度][週] を指定します。

    定期的な実行の指定

詳細なオプションを指定する

  1. 前のセクションの手順を実行し、[詳細オプションを表示する] を選択します。

    : このオプションは、[間隔][頻度] に設定された値に基づいて変更されます。 表示されている画面が、下図と異なる場合は [間隔][頻度] が下図と同じ値に設定されていることを確認してください。

  2. [タイム ゾーン] を選択し、[開始時刻] を指定する際にローカル タイム ゾーン、協定世界時 (UTC) などを反映するようにします。

  3. [開始時刻] を次の形式で指定します。
    YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ

  4. [頻度][日] を指定した場合は、フローを実行する時刻を指定します。

  5. [頻度][週] を指定した場合は、フローを実行する曜日 (1 日または複数の曜日) とフローを実行する時刻 (1 回または複数の実行時刻) を指定します。

    たとえば、図のオプションのように、2018 年 1 月 1 日、月曜日の正午 (太平洋標準時) になったらすぐにフローを開始し、このフローを 2 週間に 1 回、火曜日の午後 5:30 (太平洋標準時) に実行するように設定します。

    詳細なオプションを指定する

  6. ゼロからのフロー作成に関する記事に従って、フローで実行するアクションを追加します。

フローの延期

  1. Microsoft Flow にサインインし、上部のナビゲーション バーの [マイ フロー] を選択します。

    ゼロからフローを作成

  2. [一から作成] を選択します。

    ゼロからフローを作成

  3. ゼロからのフロー作成に関する記事に従って、イベントを指定します。

  4. [新しいステップ] を選択し、[アクションの追加] を選択します。

    フローにアクションを追加するオプション

  5. アクションの一覧で、次のいずれかの操作を行います。

    • [遅延] を選択し、[カウント] を指定して、秒、分、時間などの [単位] を指定する。
    • [延期期限] を選択し、日付を次の形式で指定します。
      YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ

    遅延の追加 時間の単位で遅延を指定 延期期限を指定